04≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06
にほんブログ村 OL日記ブログ 20代OLへ←クリックしてください♪♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
海と毒薬
海と毒薬 (新潮文庫)海と毒薬 (新潮文庫)
(1960/07)
遠藤 周作

商品詳細を見る



戦時中、九州の大学病院で行われた外国人捕虜による生体解剖実験を題材とし、人間の罪について描いた本。
人間の命とは…?
を生体解剖実験に参加した医師の視線で描いている。

血を見るのもアウトな私は医師達がどんな感覚で治療や手術を行っているかわからない。
生体解剖実験は今後の医療発展のためには避けて通れない道だったろう。
私がその中の医師の一人であったなら、実験に参加しただろうか?
おそらく参加しただろう。
自分が罪を感じない人間であることに悩みながらも医師として生きていく道を選ぶのであれば、どこまでも罪を犯すかもしれない。

と思うと、本当に怖くなってきた。
恐ろしい話だ。


スポンサーサイト
☆・,.。*'..book..'*。.,・☆トラックバック(0) | コメント(2) | top↑
<<ベーグル | ホーム | ロールちゃん 濃厚ミルククリーム>>
関係ないのですが…
今通っている産婦人科が
まさに九州の大学病院…
しかもきっと戦前から
存在していたに違いない古い佇まい…

海と毒薬を読書中に
想像していたような診察室に診察台
初日は震えました
【2009/01/26 11:03】URL | ☆Aん! #-[ 編集]
うーん、タイムリー…
ちょっと想像してしまいますね、色々と(汗)

病院は明るい場所にすべきですよ~
ほんと。(..*)
【2009/01/26 23:39】URL | ゆきんこ→☆Aん!さん #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する
トラックバックURL
http://yukinkodiary0211.blog32.fc2.com/tb.php/266-85690c4e
| ホーム |
プロフィール

ゆきんこ

Author:ゆきんこ
なんでもない日々の記録です。
目についたもの、綺麗だなーと思ったものを中心に写真つきでUP。


登場人物は主にゆきんこ、Eさん。
新婚ですー

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。