09≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11
にほんブログ村 OL日記ブログ 20代OLへ←クリックしてください♪♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
秘密
秘密 (文春文庫)秘密 (文春文庫)
(2001/05)
東野 圭吾

商品詳細を見る



テレビで映画を放送していたのが面白かったと聞いて、本を借りて読みました。
久々に東野圭吾読んだ~。
スキーバスの事故に巻き込まれた母娘。
目が覚めたら、母が娘の体に乗り移っていた。
体は子ども、心は主婦。
戸惑う夫(本では主人公)はそんな娘の様な妻の様な新たな人格と暮らすことに。

若い体を手に入れ人生をやり直そうとする妻。
父親なのか夫なのか、戸惑う男。

登場人物の心理描写が面白くて、一気に読みました。
それぞれが複雑な気持ち…。
最後の最後でタイトルになっている「秘密」の意味が分かりました。
感動して泣けました。
かなりおすすめの一冊です。



スポンサーサイト
☆・,.。*'..book..'*。.,・☆トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
子どもを伸ばす魔法のことば
子どもを伸ばす魔法のことば―やさしさと強さをはぐくむために (PHP文庫)子どもを伸ばす魔法のことば―やさしさと強さをはぐくむために (PHP文庫)
(2000/02)
山崎 房一

商品詳細を見る



母親の言葉一つで、子どもは前にも後ろにも行くし、
右に伸びたり左に伸びたりする。
子どもにとって母親の存在とは?
子どもとの接し方について書いてある。
読んでいると、こんな風に子育てしたらいいんだなぁと言う風に思える。

大切なのは、
『あなたがとっても大切という事を伝える』
『責めない』
『人格否定をしない』こと。
子どもは大人が思っている以上に自我を持っていて、
それはとても崩れやすいようだ。

子どもと接する時はこの本の事を思いだし、
子育てする時も常に意識しようと思った。
常にイライラ、ガミガミしている世の母親達にお薦め。
もちろん父親達にも。


半分まで読み進めたところで気が付いた、作者は男性だ。
文章の書き方や優しくて母親を題材にしている所から、
著者は女性だと思い込んでしまう。

語り書けるように、決めつけないで、
アドバイスするように書いてあるのは子ども教育者ならでは。



☆・,.。*'..book..'*。.,・☆トラックバック(0) | コメント(6) | top↑
人事異動
人事異動 (集英社文庫 135-B)人事異動 (集英社文庫 135-B)
(1982/01)
高杉 良

商品詳細を見る



T大卒、大手商社勤務で社内でもエリート街道まっしぐらの主人公が、
転職し「自らの定年」までのサラリーマン生活を描いた本。

鳴り物入りで入社し、主要な海外支店を経験し、
誰もがうらやむ優秀社員の主人公。
体の弱い奥さんのことを第一に考え、また商社内の嫉妬や権力争いに嫌気がさし、
商社から中堅電気メーカーへ転職する。
しばらくは順風満々なサラリーマン生活が続いていたが…。

人事異動、実は経験したことないのだけど、やはり皆気になるものですね。
優秀すぎる主人公に私を照らし合わせたところで全く想像できないので実感がわかないのだけど、
優秀が故の苦労や軋轢が大変だなぁと思った。
仕事と家庭、どちらもパーフェクトな人はなかなかいない。

でも優秀な人はどこへ行っても、
たとえ会社勤めをしなくても立派に生活していけるものです。


☆・,.。*'..book..'*。.,・☆トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
夢をかなえるゾウ
夢をかなえるゾウ夢をかなえるゾウ
(2007/08/11)
水野敬也

商品詳細を見る



会社の先輩に借りました。

話題の本だし、タイトルも気になってたし、
ドラマにもなったし…でずっと気になっていた本。
これは面白すぎです。
笑える!
電車中で読むのは危険なくらい笑。

ジャンルは自己啓発書なのに、面白いの。
勇気が出る本です。
「自分を変えたい」と思っているけど一歩踏み出せない人にお薦め。

主人公もそんな「変わりたい」と思っていながら毎日を過ごす会社員。
インドへ旅行へ行った際に買って帰ったガネーシャの置物に話しかけて朝を迎えると…
ガネーシャが目の前に。
胡散臭い関西弁のガネーシャからの課題を毎日こなすうちに、
「変わる、変わりたい」という行動の本当の意味が分かってきた主人公。

ガネーシャの教えを私も守ろう、と思った一冊。
変わることは簡単ではないようで簡単なのかもしれない、と思った。


☆・,.。*'..book..'*。.,・☆トラックバック(0) | コメント(4) | top↑
海と毒薬
海と毒薬 (新潮文庫)海と毒薬 (新潮文庫)
(1960/07)
遠藤 周作

商品詳細を見る



戦時中、九州の大学病院で行われた外国人捕虜による生体解剖実験を題材とし、人間の罪について描いた本。
人間の命とは…?
を生体解剖実験に参加した医師の視線で描いている。

血を見るのもアウトな私は医師達がどんな感覚で治療や手術を行っているかわからない。
生体解剖実験は今後の医療発展のためには避けて通れない道だったろう。
私がその中の医師の一人であったなら、実験に参加しただろうか?
おそらく参加しただろう。
自分が罪を感じない人間であることに悩みながらも医師として生きていく道を選ぶのであれば、どこまでも罪を犯すかもしれない。

と思うと、本当に怖くなってきた。
恐ろしい話だ。


☆・,.。*'..book..'*。.,・☆トラックバック(0) | コメント(2) | top↑
| ホーム |次ページ
プロフィール

ゆきんこ

Author:ゆきんこ
なんでもない日々の記録です。
目についたもの、綺麗だなーと思ったものを中心に写真つきでUP。


登場人物は主にゆきんこ、Eさん。
新婚ですー

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。